test

2012年03月26日

春色の心

_MG_3759.jpg


まだ朝晩と肌寒いですが、

日中の晴れ間に見せる街の表情は春そのもの。


一眼レフで撮影した桜のピンクと空のライトブルー☆

なんとも明るい色彩に気分も上がりますっ!


素晴らしい出会い。

新たなお友達も増えて、楽しくなりそう。


心も春色です♪





posted by erieri at 02:10| Comment(1) | ERIKO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

遠州の空っ風

P1020746.jpg

3/20に浜松駅隣接のソラモにて開催された「ケーブルウィンディフェスタ」。

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!!


やっぱり浜松は遠州の空っ風☆

春分の日、日差しは春でも風は強くて体感温度はかなり寒かったですね。


そんな中、クオリアのステージを最後までご観覧くださいましてありがとうございました!!

顔なじみの皆さん、初めてお会いする皆さん、東京から駆けつけてくださったsinjikoさん、

久しぶりのふるさと浜松でのライブに少々緊張しましたが、

皆さんの温かな笑顔を見ることができ、とっても幸せでした!



1.花鳥風月〜幾千年の愛〜
2.十六夜の月
3.Around The World
4.ZIPANG

の4曲を歌わせていただきました!!


今回なんと相方のタッカーがインフルエンザでやむを得ず急遽欠席!という残念なことに・・・。

やはり、健康が第一ですね!
(タッカー、もう大丈夫かな??)


ひとりでクオリアのライブを決行した私を応援してくださった皆様へ、

クオリアとして二人からお詫びと感謝御礼を申し上げます。



P1020720.jpg


そして、浜松ケーブルテレビの皆様、本当にお世話になりました!

素晴らしいカメラワークにテレビ局の底力を感じました!


クオリアとして、ERIKOとして、また浜松に歌いにきます☆


I LOVE HAMAMATSU ♪ ♪ ♪






posted by erieri at 02:01| Comment(2) | クオリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

「十二単衣」体験☆

bannkyuu-jyuunihitoe.jpg


ちょっと目を細めて

赤みの強い口紅をのせて

頬をほんのり春色に染めて・・・



前回の記事でご紹介した湯西川温泉「本家伴久」さんでは

略式十二単衣をロビーの表座敷コーナーに用意してあります。

自由に着衣して写真撮影ができます。


うふ。

私もこのヘアスタイルのまま平安時代にタイムスリップ☆


貴重な体験でした!!






posted by erieri at 20:31| Comment(2) | ERIKO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

本家伴久

_MG_2976.jpg


湯西川温泉 平家直孫の宿「本家伴久」さん。

1666年江戸初期創業。 現在25代目という老舗旅館であります。



以前、語り部の川島昭恵さんの朗読会で、ある女性Tさんとお知り合いになりました。

彼女の御名刺を頂戴した瞬間、目に飛び込んできたのは「本家 伴久」の文字。

ちょうど数日前、テレビの旅番組を見て 「うわー、ここ行きたいっ!!」

と感動していた温泉宿ではありませんか!


「え??もしかして、Tさんは伴久の娘さんなんですか??」

「はい。そいうです。」 と、Tさんは愛らしくおしとやかな笑顔でお答えくださいました。


そこから、いろいろと話は盛り上がり、意気投合。

後日わざわざクオリアのCD「黄金の国」を聴いたと嬉しいご感想をいただき、

そのときに今回の湯西川温泉の旅へと話固まりました。

ちょうど雪を景色にした写真を撮影したいと思っていた矢先の出来事でした。




_MG_3023.jpg


「いらせられませ」

ドンドンドン、と玄関ロビーに響き渡る迎え太鼓でのお出迎え。

平家の家紋、黒揚羽蝶。


ロビーに一歩入るとそこは太古から時が止まったような世界。

樹齢500年の姫小松の大柱や1300年の巨大なテーブル等、

自然の懐の中に包まれる安らぎの時が始まります。

歴史とロマンが詰まったロビーの窓から見下ろす湯西川を眺めた時には

ただただ胸がいっぱいになりました。





_MG_3024.jpg


これは、江戸時代の一刀彫の自在鉤。

口の中の玉をくるくると触ると「健康」に、

目の玉をくるくると触ると「見通しが良くなる」と言われているそうです。




_MG_3143.jpg


〜 ♪ 心に残る切なさは 微かな花の香り ♪ 〜

・・・と歌いだしてしまった私(笑)。

勝手ながら、伴久さんにご縁を感じてしまいました。




_MG_3031.jpg


静かな灯りが似合う館内。


_MG_3146.jpg


こんなレトロな書斎もあります。

しばし物想いにふけってみたくなる場所。




_MG_3239.jpg


_MG_3241.jpg



このような調度品も館内のいたるところに飾られています。




_MG_3285.jpg


これが有名な「かずら橋」。


湯西川をはさんで、本館と食事処「平家隠れ館」に架けられたかずら橋は

平家落人の歴史ある四国祖谷 (いやだに)の匠(たくみ)の手により架けられました。


平家ゆかりのかずら橋は、本来逃亡のために橋を切り落とした歴史があります。

ところがこの和解により、八百年の恩讐(おんしゅう)は消え去り、

隠れ館に至る「かずら橋」を両氏手をつないで渡るという、

渡り初め儀式がとり行われました。 (本家伴久のHPより転載)。


この平成の世の今、訪れるお客さまの「縁を結ぶ橋」として存在しているということです。



_MG_3028.jpg


そして、名物のお土産といえば、「薬膳十味唐がらし」。

この写真はその姉妹商品(?)「薬膳三味ダイエット唐がらし」。

パッケージデザインが素敵ですよね☆

とにかく、お食事も最高においしかったです!!

夕食は井炉端を囲んでの会席膳。 朝食は豊富なお野菜のバイキング形式。

温泉も たくさんあって、効能も抜群だそうです。

私も東京で疲れたお肌が元気に蘇りましたよ!



_MG_3306.jpg


伴久のおかみさんと。


せっかくおかみさんとのツーショットなのに

・・・私、朝のため顔がむくんでいてすみません(笑)。


おかみさんはとってもしなやかで上品でオーラのある女性でした。

思わずうっとり。 直接お話ができて光栄でした。 


おかみさんをはじめ、Tさん、伴久のスタッフ皆さん、

滞在中は大変お世話になりました。 心から感謝でいっぱいです!!

必ずまた訪れます。 そしてこの湯西川の四季を味わいたいと思います。


_MG_3329.jpg




posted by erieri at 23:45| Comment(3) | ERIKO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

湯西川温泉

_MG_2603.jpg

p.s. 撮影のため、こんな格好です(笑)。


行ってきました、湯西川温泉。 


一面に広がる銀世界。


でもこの日は春を感じられるほどの日差しで雪も溶け始めていました。

雪原が反射して眩しかったです。



_MG_2711.jpg


昼下がりの時間は短く、

一気に太陽が山へ沈んでいきます。




_MG_2780.jpg


夜が近くなってきた頃。


やはり底冷えします。 カイロと長靴が必須ですね。
 


冬の湯西川温泉といえば、名物のアレ。

まもなく始まります。


ワクワク。




_MG_2830.jpg



そうです、「かまくら祭り」。


小さなかまくらの無数の光が冬の蛍のよう。


幻想的な夜の風景。



寒さもぶっとぶ美しさでした。



そして、温泉。

冷えた体を温めてくれる。 


くぅ〜最高でした。


(そして、どうしてここにくることになったのか、また後日お話します。)





posted by erieri at 01:12| Comment(1) | ERIKO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

単焦点

空と枝.jpg

今日はひな祭り。

女性はいつまでもお雛様でいたいものです(笑)。


先日は大学の同級生、女3人で串焼きと焼酎で語り合いました。
みんな難聴気味?のため、聞き間違いがすごくてそのたびに大笑い。
そのため話がなかなか進まない(爆)。


お仕事、プライベート、etc・・・
みんなそれぞれいろいろあるよねー。
そんなみんなが大好きさっ!頑張ろうねっ☆ 


うん。
私もほんの少し、目の前に焦点を当ててみよう。
向こうの空はぼんやりと見えていればいい。


「できることをマイペースに続けていこう」

そう決心した日でした。



posted by erieri at 18:50| Comment(2) | ERIKO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。