test

2011年10月25日

クオリア「黄金の国」

1024.jpg


そう。



この朝焼けを 待っていた。



この感じを音楽で表現したかった。



希望に満ちた朝。



昨日までの悲しみも苦しみも乗り越えられる。



そんな期待と喜びと、切なさ。



生命の輝きは、世界へと導いてくれる。





「クオリア」とはERIKO、高谷秀司、ab:flyを中心とする各方面で活躍中アーティストの集合体。


われわれの世界観が詰まった作品。



クオリア 1stアルバム 「黄金の国」 12月9日リリース。




J-Popの歴史に残る名盤となる!と自負しております。




ついにオールアップです!!!



ありがとうございます!!!




アルバムの情報詳細はまた随時お知らせさせていただきますね。



posted by erieri at 18:46| Comment(2) | クオリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

PAGE ONE 20周年パーティー

1016_3.jpg

鍛鉄アーティストの第一人者である西田光男さん(写真右でマイクを持っている方)の工房

「Page One」の20周年パーティーが10月16日行われました!


参加者総勢140名。


去年に引き続き、私も参加させていただきました!


上の写真はデモンストレーションを行っている場面。



鉄を操るアート。 かっこいいですよねー。 男のロマンを感じます。



工房の中はとんかちの博物館みたいに、何十種類という工具が並べられていて、これもまたちょっとしたアート。


P1020675.jpg


そして今回もまたステージで歌わせていただけるということで

まずは「終わりなき愛の歌」を。

1016_1.jpg

そしてバンドのみなさんと「宝物」。

1016_2.jpg


続いて西田さんが「少年時代」をカバー。

ブルースハープの大御所アリさんのステージで会場が盛りあがり、

アンコールで私も参加し 「Amazing Grace」 を。



快晴の野外ステージでは太陽のスポットライトがまぶしくて目をあけているのが至難。


おかげさまで気温も心もホットなパーティーとなり、

西田さん、Page One皆さんの今後益々のご活躍に期待が膨らむ参加者一同。


美味しいワイン、オードブル、カレー、お好み焼き、etc・・・も最高でした!



西田さん、Page One の皆様 および、スタッフの皆様、そしてCDをご購入していただいた皆様、



本当にありがとうございました!!!



皆様、また来年、お会いしましょう!!



posted by erieri at 21:03| Comment(1) | ERIKO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米子(&出雲)Day3

いまさらですが、米子最終日の様子をダイジェストで。

IMG_0380.jpg

米子3日目の朝焼け。


IMG_0385.jpg


朝風呂から戻ってきた瞬間、この光。

天女さまのシルエット。


ものすごい強いエネルギーでした。


IMG_0382.jpg

朝ごはん。

昨夜あんなにたらふく食べたのに、また入ってしまう・・・。

美味しかったです〜。



さて山陰の旅、いざ出発!

IMG_0392.jpg

最初は美保神社にお礼参り。

IMG_0399.jpg


次は熊野大社。

IMG_0400.jpg

これぞ日本の風景。

なつかしい、いとおしい。 心休まる瞬間。


IMG_0418.jpg

お昼ごはんはもちろん出雲名物「神代そば」。

はんぱなく美味しかった!!

また食べたい。

IMG_0407.jpg

縁結びの「八重垣神社」。

IMG_0410.jpg

境内でひとりひとり、おみくじのような紙をいただく。

その紙をもって神社の奥にある池まで行く。

その紙の真ん中に硬貨を置き、池の上に放ち、それが沈むのを待つ。

沈むまでの時間が短ければ短いほど、願いごと(ご縁)は早く成就するらしい。



私の紙、たった30秒で沈没・・・(笑)。 



IMG_0420.jpg

さ、おやつの時間。 偶然見つけた喫茶店に入る。

美味しいケーキとコーヒーにほっと一息。

店員さんたちもフレンドリーで素晴らしい。


IMG_0421.jpg

今は使用されていない旧大社駅。

風情があり、状態の良いまま保管されているので、素敵だった。



IMG_0433.jpg


稲佐の浜。


圧巻の風景。


10月は山陰地方では「神在月」といって、

月初めに神様たちがこの浜に続々と集結するのだという。


この日は10月3日。

まさに神様たちがいる気配を感じる。




途中、「出雲の阿国」のお墓に寄る。

IMG_0427.jpg

実はクオリアのアルバムに収録される曲で出雲の阿国をモチーフにした曲がある。

まさか、このタイミングでお墓参りが出来るとは!

鳥肌が立った。



お礼参り、そしてヒット祈願もずうずうしくさせていただいた。


IMG_0441.jpg

これは、出雲大社のすぐそばにある椋の木。


私たちを優しく包み込むような大樹。


広島から駆けつけてくれたSUIさんが案内してくれた隠れたヒーリングスポット。
SUIさんとお会いできていなかったら、この体験はできませんでした。

本当にありがとうございます。



IMG_0444.jpg


そして、その椋の木からの帰り道、角を曲がった瞬間、この光。

夕日とは思えない、凄まじいエネルギー。


ふと、朝見たあの天女さまの光を思い出した。


もしやこれは「天照大神」さま?

アマテラス様が、朝から夕方までずっと一緒にいて、
我々の1日旅行をしっかりと守っていてくださったのはないだろうか。



そんな不思議な体験をした3日目。



ぽわ〜っとしたまま、飛行機に乗った私たち。



東京についてもしばし現実に戻れないまま。





駆け足の3日間 in 山陰。



決して忘れることの出来ない、最高の旅となりました。












posted by erieri at 00:28| Comment(2) | ERIKO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

米子Day2

IMG_0365.jpg

米子2日目の朝。

雲が厚かったわりに、良いお天気に。

時折小雨がぱらつく場面も。


IMG_0371.jpg


お客様からの手作りスウィートポテトパイの差し入れ☆

超美味!!!



やっぱ手作りってイイね!! ご馳走さまでした〜о(ж>▽<)y ☆




ライブは2日目も2ステージ行いました。



どちらも、ものすごく濃い内容になりました。



お客様と私とKumiさんの間には、ライブのタイトル通りの「波動」が流れ、



その波動によってお互いの今までの人生の喜びや苦しみが一気に分かりあえたのです。



お客様も私もKumiさんも、涙が止まらない。



みんなの心の奥底に閉じ込めてあった感情があふれ出てきました。




これは、ものすごい体験でした。




セットリスト



1.森の精霊たち (ピアノ&朗読)

2.海 (ERIKO 1stアルバムより)

3.HANABI (クオリア 黄金の国 より)

4.Smile

5.赤とんぼ

6.大切なもの〜自分を抱きしめて〜 (ピアノ&朗読)

7.空 (Kumi&ERIKO オリジナル曲)

8.愛のカケラ (ERIKO 2ndアルバムより)

9.宝物 (ERIKO 2ndアルバムより)

10.ふるさと



以上10曲とERIKO&Kumiのトークでお届けしたライブ「HADOH」。



大変思い出深く、そして新たな 発見のあるライブとなり、

このチャンスを与えてくださった

バッグ作家の吉田美子さん、ブティックセヴーの山崎さん、サポートリーダーの美恵子さん、

そのほかたくさんのスタッフの皆さんや、お客様、本当にありがとうございました!!!



感謝でいっぱいです!!!




そして米子&出雲観光の3日目の様子はまた後日アップしますね。



米子から戻ってきてから、クオリアの1stアルバム「黄金の国」の大詰めを迎えております!!



これは素晴らしいアルバムになります!ご期待ください!!
posted by erieri at 13:35| Comment(1) | ERIKO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

書と音楽

こなゆき.jpg
のまち.jpg

BY

ERIKO.jpg

「某歌手さんのジャケット用楽曲タイトルを墨と筆で書いて欲しい」

と、いきなり知り合いのデザイナーさんから依頼され、

近所の文房具店で簡易書道セットを揃え、早速挑戦!


が、いざ書いてみると・・・

うーーーーん、やはりまだまだ、であります。

思うようにいかない。

果たしてこの書が使用されるかどうかは分かりませんが(苦笑)、

なつかしい墨の香りと筆のやわらかさに、こころが落ち着きました。


そして、「書」はとっても「歌」(楽器の演奏)と似ている。

一瞬の出来事。一瞬の集中力。

情熱と冷静さとのバランス。


New York時代に知り合った柿沼康二氏も只今音響メーカーBOSEのテレビCMに出演中。

書と音楽の関連性に共感。

彼の大作や現代アート的アプローチの作品も素晴らしいのですが、

一番感動したのが「臨書」。

やはり、この基礎があって、あの奇抜さが成立するんだと思いました。

奇想天外なのに、説得力のあるアート。

そこには必ず基礎が確立されているものです。



文字をキーボードで打つことに慣れてきた現代。


ぬくもりを伝えるメッセージには手で書く文字も大切にしていきたいですね。











ラベル:柿沼康二 書道
posted by erieri at 19:40| Comment(2) | ERIKO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

米子Day1

IMG_0356.jpg

米子へと向かう飛行機の中からパシャ。

なんと富士山を真上から見下ろせました!

「これは幸先良いね!!」とKumiさんと盛り上がりました。


鬼太郎空港に到着。 

空気がめっちゃキレイ。呼吸が楽。

波動に敏感なKumiさんの様子が少しおかしい。

「ここ、波動高いかも。頭がグワングワンするわ。」


そして、今回の会場となるブティックセヴーの店長山崎さん自らお迎えに来てくださいました!

感激の初対面☆  

でも、初めて会った気がしなかったのはなぜ??(笑)

IMG_0370.jpg


お店に到着するやいなや、皆様からの大歓迎。

IMG_0359.jpg


Kumiさんのブログ仲間である広島在住のSUIさんから大きな花束とメッセージカードが!!

まだお会いしたこともないのに、私の歌をYOU TUBEで聴いて下さって応援してくれて

メッセージに書かれた心にズシンと響くお言葉を読んだ途端、涙が溢れてきました。

SUIさん、本当にありがとうございました!

これもKumiさんのお人柄の賜物ですね。

IMG_0361.jpg

こちらは、今回の個展でリーダーともいえるべき敏腕ぶりを発揮してくださった

「生粋の米子人」美恵子さんのウェルカム・カード☆

以前ブログで紹介したハガキも実は美恵子さんのお手製。

紙も手作りですからね。すごいです。

とても温かい作品を作るアーティストさんです。


IMG_0367.jpg

これがブティックセヴーの中庭。

どんぐりが落ちてたりします。素敵すぎます。

この奥にギャラリー「蔵」があります。

皆様の温かい歓迎にただただ胸がいっぱいで、興奮冷めやらぬ中、

初日1stステージスタート。

おかげさまで満員御礼!!!

またライブ写真は後日アップしますね。

夜は海の幸を堪能。

お腹すきすぎてて気が付いたら写メがコレしかありません(笑)。

IMG_0362.jpg

うふふ。美味しかったーーーー。ネギも、大山地鶏も、最高でした!

あ、「どろ海老」が売り切れで食べられなかったのが残念だったなあ。


ってなわけで、また後日Day2の模様をアップしますね。






posted by erieri at 00:30| Comment(1) | ERIKO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

いよいよ

明日から鳥取県の米子に行ってきます!!



バッグ作家吉田美子さんとアクセサリー作家西田茂恵子さんの個展とコラボするために!

あ、もちろん私は「歌」でコラボでさせていただきます。



美子さんと茂恵子さんの作品、

ブティックセヴー・オーナー山崎さんのセンスと心意気、

会場となる「蔵」。



初めて訪れる土地でのコラボライブ。



本当に不思議なご縁を感じております。



「HADOH」〜神々との出会い in 米子〜



Vocal : ERIKO Piano : Kumi



@ブティックセヴー ギャラリー「蔵」

10/2(日) 16:00 start / 19:00 start

10/3(月) 15:00 start / 18:00 start



個展とライブと山陰地方の小旅行の詳細を随時こちらでアップします。

ぜひともリアルタイムでキャッチしてください。



http://www.facebook.com/event.php?eid=212561562141635




では明日は朝早いので、この辺で。



行ってきます!!!

posted by erieri at 20:58| Comment(2) | ライブ告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。